Home ヤマハ発動機、YMRHへTOB

ヤマハ発動機、YMRHへTOB

富士通は2019年7月25日、2019年度第1四半期(2019年4月〜7月)業績を発表した。LSI、電子部品で構成されるデバイスソリューション事業は、売上高が前年度同期比35.6%減の846億円、営業損益は前年度同期から84億円悪化、77億円の赤字となった。このうちLSI事業の売上高は同80.7%減の179億円となった。
半導体販売会社(富士通エレクトロニクス)、電子部品製造会社を2018年度第4四半期に連結から外すなどの事業再編を進めたことにより、大幅な売り上げ減となった。営業利益についても国内工場の再編費用増加により減益となった。
2019年度通期のデバイスソリューション事業の業績見通しは、売上高が前年度比38.4%減の3,000億円、営業利益はゼロとなっている。LSI事業については売上高400億円にまで縮小する見通しである。
ヤマハ発動機は2020年2月20日、子会社であるヤマハモーターロ

ボティクスホールディングス株式会社(YMRH)の完全子会社化

に向けて株式公開買い付けを行うことを表明した。買付期間

2020年2月13日から4月10日まで。買い付け価格は1株750円。買

付予定株数の下限は340万4300株。ヤマハ発動機はVMRH株式

185万2035 株をすでに保有している。完全子会社化後はYMRH

は上場廃止となる。

YMRHはヤマハ発動機の表面実装装置、産業用ロボット事業、

ボンディング装置大手の新川、モールディング装置大手のアピ

クヤマダを傘下に持つ持ち株企業として2019年2月に設立さ

れた。2019年4月~2019年12月期の売上高は162億1,500万円。

うち、ボンディング装置が75億8,600万円、モールディング装

置が65億7,900万円(非連結部分を含む)。

ヤマハ発動機では、YMRHが連結子会社となっても、上場会社

として独立した事業運営を行っている状況では、商品戦略、

技術戦略及び事業戦略の構築を含め、意思決定に時を要する

とや、共同事業運営、特に顧客基盤、事業・技術基盤、財務

基盤の相互活用について制限がかかり、グループ一体となっ

てスピード感をもって推し進めていくことは十分にできていな

と考え、完全子会社化することを決定した。


gncletter_banner
 

OLED2020_bannar
 2020_bannar
  
  
最終更新 2020年 3月 16日(月曜日) 18:18  

メール配信ニュース