Home ルネサス、米国でのIDT統合完了

ルネサス、米国でのIDT統合を完了

富士通は2019年7月25日、2019年度第1四半期(2019年4月〜7月)業績を発表した。LSI、電子部品で構成されるデバイスソリューション事業は、売上高が前年度同期比35.6%減の846億円、営業損益は前年度同期から84億円悪化、77億円の赤字となった。このうちLSI事業の売上高は同80.7%減の179億円となった。
半導体販売会社(富士通エレクトロニクス)、電子部品製造会社を2018年度第4四半期に連結から外すなどの事業再編を進めたことにより、大幅な売り上げ減となった。営業利益についても国内工場の再編費用増加により減益となった。
2019年度通期のデバイスソリューション事業の業績見通しは、売上高が前年度比38.4%減の3,000億円、営業利益はゼロとなっている。LSI事業については売上高400億円にまで縮小する見通しである。
ルネサス エレクトロニクスは2020年1月6日、2019年3月30日に

買収を完了したIntegrated Device Technology, Inc. 社(IDT)の、

米国内での統合を予定通り完了し、2020年1月1日付でRenesas

Electronics America Inc.(ルネサス エレクトロニクス・アメリカ)

として運営を開始したことを発表した。

今回の米国での法人統合に伴い、米国では全拠点がすでにルネサ

スロゴを掲げている。ルネサスは引き続きアジアと欧州内におけ

る法人統合を進め、2020年後半には旧IDT子会社は原則として全

て「Renesas」を冠した社名に変更する。製品ブランドについて

は、旧IDT製品は2020年1月より、ルネサスブランドとして販売

する(ただし、現在量産中または開発中の製品、それらの派生品

やマイナーチェンジ品を除く)。

ルネサスの執行役員常務兼IoT・インフラ事業本部長兼ルネサス

エレクトロニクス・アメリカのPresidentであるSailesh Chittipeddi

氏は次のように述べている。

「ウィニング・コンビネーションと銘打ったルネサスとIDTの製

品を補完的に組み合わせた包括的なソリューションを、買収完了

後9か月で既に100種類ほど提案できており、統合シナジーの具現

は着実に進捗している」としている。
 

20200128banner
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2020年 1月 07日(火曜日) 09:53  

メール配信ニュース