Home 信越化学、GaN基板の開発を本格化

信越化学、GaN基板の開発を本格化

富士通は2019年7月25日、2019年度第1四半期(2019年4月〜7月)業績を発表した。LSI、電子部品で構成されるデバイスソリューション事業は、売上高が前年度同期比35.6%減の846億円、営業損益は前年度同期から84億円悪化、77億円の赤字となった。このうちLSI事業の売上高は同80.7%減の179億円となった。
半導体販売会社(富士通エレクトロニクス)、電子部品製造会社を2018年度第4四半期に連結から外すなどの事業再編を進めたことにより、大幅な売り上げ減となった。営業利益についても国内工場の再編費用増加により減益となった。
2019年度通期のデバイスソリューション事業の業績見通しは、売上高が前年度比38.4%減の3,000億円、営業利益はゼロとなっている。LSI事業については売上高400億円にまで縮小する見通しである。
信越化学工業は、2020年1月22日、米Qromis社との間で、同社が

保有するGaN(窒化ガリウム)基板関連技術についてライセンス

契約を締結したことを発表した。GaNを用いた半導体は、電動自

動車などのモビリティ向上、5Gやデジタライゼーションなどで

求められる高デバイス特性と省エネルギーという相反する課題を

解決できるデバイスとして、今後需要が大きく拡大することが期

待されている。

信越化学は、パワー半導体と高周波半導体向けに通常のSiウェ

ーハに加え、SOIウェーハやGaN on Siliconウェーハなどの基板を

開発し、販売してきた。これらの製品群をさらに拡充するととも

に、Qromis社の技術を用いてGaN基板および関連製品の品揃えを

行い、複数の解を提供することで顧客の要望に応えていく。



2020_CMP_Report
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2020年 1月 27日(月曜日) 12:17  

メール配信ニュース