Home Intel、19年度売上は前年比2%増

Intel、19年度売上高は前年度比2%増、利益は横這い

富士通は2019年7月25日、2019年度第1四半期(2019年4月〜7月)業績を発表した。LSI、電子部品で構成されるデバイスソリューション事業は、売上高が前年度同期比35.6%減の846億円、営業損益は前年度同期から84億円悪化、77億円の赤字となった。このうちLSI事業の売上高は同80.7%減の179億円となった。
半導体販売会社(富士通エレクトロニクス)、電子部品製造会社を2018年度第4四半期に連結から外すなどの事業再編を進めたことにより、大幅な売り上げ減となった。営業利益についても国内工場の再編費用増加により減益となった。
2019年度通期のデバイスソリューション事業の業績見通しは、売上高が前年度比38.4%減の3,000億円、営業利益はゼロとなっている。LSI事業については売上高400億円にまで縮小する見通しである。
米Intel社は2020年1月23日、2019年度第4四半期(2019年10月~12

月)および2019年度通期業績を発表した。

2019年度第4四半期の売上高は前年度同期比8.3%増の202億900万

米ドル、営業利益は同9.2%増の67億9,700万米ドル、純利益は同

32.9%増の69億600万米ドルとなった。

事業グループ別業績は以下の通りとなった。データセンタ・グルー

プ(DCG)事業は売上高が同18.8%増の65億8,700万米ドル、営業

利益は同13.6%増の34億7,100万米ドルとなった。

IoT事業は売上高が同16.1%増の11億6,000万米ドル、営業利益は同

32.7%増の3億米ドルとなった。同事業のうち、IoTグループ(IOT

G)の業績は、売上高は12.7%増の9億2,000万米ドル、営業利益は

同28.6%増の2億4,300万米ドルとなった。Mobileye事業の売上高は

同31.1%増の2億4,000万米ドル、営業利益は同54.0%増の5,700万

米ドルとなった。

不揮発メモリ事業の売上高は同9.9%増の12億1,700万米ドル。営

業利益は9,600万米ドルの損失で、前年度同期からは7,700万米ドル

の悪化となった。

FPGAを担当するプログラマブル・ソリューション・グループ(

FSG)事業の売上高は同17.5%減の5億500万米ドル、営業利益は同

47.5%減の8,500万米ドルとなった

クライアント・コンピューティング・グループ(CCG)事業の売

上高は同1.9%増の100億1,000万米ドル、営業利益は11.5%増の40

8,8000万米ドルとなった。

2019年度通期売上高は同1.6%増の719億6,500万米ドル、営業利益

は同5.5%減の220億350万米ドル、純利益は同500万米ドル減の

210億4,800万米ドルとなった。通期設備投資額は同6.8%増の162

億1,300万米ドルとなった。

事業グループ別業績は以下の通りとなった。通期の事業グループ

業績は以下の通りとなった。

DCG事業の売上高は前年度比2.1%増の234億8,100万米ドル、営

利益は同10.9%減の102億2,700万米ドルなった。

IoT事業の売上高は同13.2%増の47億米ドル、営業利益は同19.5

増の13億4,200万米ドルとなった。IOTGの売上高は同10.6%増

の38億2,100万米ドル、営業利益は同11.9%増の10億9,700万米ド

ルとなった。

Mobileyeの売上高は同25.9%増の8億7,900万米ドル、営業利益は

71.3%増の2億4,500万米ドルとなった。

不揮発性メモリ事業の売上高は同1.3%増の43億6,200万米ドル。

業損失は前年度の500万米ドルから11億7,600万米ドルにまで悪

化している。FSGの売上高は6.4%減の18億8,700万米ドル、営業

利益は同31.8%減の3億1,800万米ドルとなった。

CCG事業の売上高は同0.4%増の371億4,600万米ドル、営業利益は

同6.9%増の152億200万米ドルとなった。

2020年度第1四半期の業績見通しは、売上高が前年度同期比18%増

の190億米ドル、営業利益率は35%を計画している
2020年度通期は、売上高が735億米ドル、営業利益率は33%を計画

している。



2020_CMP_Report
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2020年 1月 27日(月曜日) 12:17  

メール配信ニュース