Home エヌエスアイテクス、最初の製品

エヌエスアイテクス、DFP最初の製品を発売

富士通は2019年7月25日、2019年度第1四半期(2019年4月〜7月)業績を発表した。LSI、電子部品で構成されるデバイスソリューション事業は、売上高が前年度同期比35.6%減の846億円、営業損益は前年度同期から84億円悪化、77億円の赤字となった。このうちLSI事業の売上高は同80.7%減の179億円となった。
半導体販売会社(富士通エレクトロニクス)、電子部品製造会社を2018年度第4四半期に連結から外すなどの事業再編を進めたことにより、大幅な売り上げ減となった。営業利益についても国内工場の再編費用増加により減益となった。
2019年度通期のデバイスソリューション事業の業績見通しは、売上高が前年度比38.4%減の3,000億円、営業利益はゼロとなっている。LSI事業については売上高400億円にまで縮小する見通しである。
株式会社デンソーのグループ会社で高性能半導体IPの開発・販売

をおこなう株式会社エヌエスアイテクスは2020年1月14日、DFP

(Data Flow Processor)の最初の製品として「DR1000C」の開発

完了、発売開始を発表した。エヌエスアイテクスは、2017年9月の

会社設立以降、自動運転から車両制御まで次世代自動車の電子シス

テムにおけるキー技術となる半導体IPの開発を進めてきた。


「DR1000C」は、RISC-Vベースのプロセッサとして世界初となる

自動車向け機能安全規格ISO 26262の安全要求レベルASIL Dに対応

する。マルチスレッド機構とベクトル命令により、将来の車両制御

向けマイコンに要求される高負荷演算処理をオフロードするのに最

適な並列プロセサとなる。車両制御向けマイコンは「DR1000C」

を搭載することで、モデル予測制御などの先進的な制御アルゴリ

ズムに対応し、強化される将来の法規制にも対応することが可能

となる。


また、「DR1000C」は、車両制御向けマイコンに適しているだ

けでなく、FA等の産業機器、RADAR等のセンサ処理など、様々

な組込みシステム領域のアプリケーションへの応用が可能となっ

ている


20200128banner
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2020年 1月 21日(火曜日) 11:33  

メール配信ニュース