Home ミネベアミツミ、エイブリック買収

ミネベアミツミ、エイブリックを買収

富士通は2019年7月25日、2019年度第1四半期(2019年4月〜7月)業績を発表した。LSI、電子部品で構成されるデバイスソリューション事業は、売上高が前年度同期比35.6%減の846億円、営業損益は前年度同期から84億円悪化、77億円の赤字となった。このうちLSI事業の売上高は同80.7%減の179億円となった。
半導体販売会社(富士通エレクトロニクス)、電子部品製造会社を2018年度第4四半期に連結から外すなどの事業再編を進めたことにより、大幅な売り上げ減となった。営業利益についても国内工場の再編費用増加により減益となった。
2019年度通期のデバイスソリューション事業の業績見通しは、売上高が前年度比38.4%減の3,000億円、営業利益はゼロとなっている。LSI事業については売上高400億円にまで縮小する見通しである。
ミネベアミツミは2019年12月17日、アナログICメーカであるエイ

ブリック株式会社の株式を取得して子会社化することを発表した。

このためにエイプリックの株主である日本政策投資銀行(保有比率

70%)、セイコーインスツルメンツ(同30%)との間に株式譲渡

契約を結んだ。買収金額は約344億円。2020年7月頃の実行を予定

している。

ミネベアミツミは、アナログICを8つのコア事業の一つとしており、

製品ポートフォリオの充実と新しいアプリケーション市場への参入

により事業拡大を志向している。エイブリックは、時計関連技術を

ベースに民生用のボルテージレギュレータ/ボルテージディテクタ・

リチウムイオン電池保護IC、車載用のEEPROM、医療機器用の超音

波イメージング用ICなど、アナログICを中心に低消費電流、低電圧

動作、超小型パッケージ技術を活かした特徴のある製品群を多数有

する半導体メーカー。

ミネベアミツミは、エイブリックとは、相互に補完しあえる製品

ポートフォリオを有しており、本株式取得により多様なシナジー効

果の発揮が可能となり、ものづくりの面では、両社の前工程・後工

程工場での相互生産と生産技術・ノウハウの横展開により品質・生

産性の向上とBCP対応力の強化が図れる、としている。

20200128banner
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 12月 19日(木曜日) 18:31  

メール配信ニュース