Home ドアミラーレス車の躍進

ドアミラーレス車の躍進

富士通は2019年7月25日、2019年度第1四半期(2019年4月〜7月)業績を発表した。LSI、電子部品で構成されるデバイスソリューション事業は、売上高が前年度同期比35.6%減の846億円、営業損益は前年度同期から84億円悪化、77億円の赤字となった。このうちLSI事業の売上高は同80.7%減の179億円となった。
半導体販売会社(富士通エレクトロニクス)、電子部品製造会社を2018年度第4四半期に連結から外すなどの事業再編を進めたことにより、大幅な売り上げ減となった。営業利益についても国内工場の再編費用増加により減益となった。
2019年度通期のデバイスソリューション事業の業績見通しは、売上高が前年度比38.4%減の3,000億円、営業利益はゼロとなっている。LSI事業については売上高400億円にまで縮小する見通しである。
レクサスは2018年に発売したESで、世界初となるドアミラーレス車

を発売した。
lexus
その1年後にはホンダが東京モーターショーで発表した

市販間近のコンセプトモデル「E」がドアミラーレスを採用した。
honda_e02
ドアミラーレス車に搭載されるデジタルアウターミラーは、

構成部品にディスプレイとカメラが2つずつ搭載される為、

イメージセンサーやディスプレイの供給先からは熱い視線が

注がれる。しかし、大半の自動車は通常のサイドミラーを採用し、

レクサスESも21万6000円のメーカーオプションとなるため、

搭載率は全体の1割ほどだという。本記事では今後の

ドアミラーレスの可能性を検証していく。
lexus2
ドアミラーレスによるメリット

ドアミラーレスによるメリットは大まかに分けると、安全性に関する

メリットと、環境性能に関するメリットに分けることができる。

まず、安全性に関するメリットを挙げていく。

①ミラーよりも視野を広げることが可能

車内に搭載されたディスプレイを最大限活用すれば、カメラを

上下左右に動かしたり、画角を拡大縮小したり、カメラの位置

を切り替えたりすることによってより周囲の安全に気を配ること

が可能となる。

ホンダeでは、サイドミラーに2種類の画角を選択することが可能

となり、ノーマルの画角で10%,ワイドで50%の死角が減ると

発表している。その他、ディスプレイ表示のフレキシブルさを

生かして、歩行者や2輪車を色を変えて表示して、ドライバーに

注意喚起を促す、右左折、車線変更に適したミラーの表示方法と

いったシステムに応用が可能になると考えられる。

②気候の変化にミラーの視野が影響されにくい。

冬場はガラスが曇ったり、雪が覆う事によって、ドアミラーの

視認性が悪くなる事が多い。

ドアミラーレス車は車内のディスプレイを視認するため、

天候変化の影響を受けない。

③感度調整によって、外の明るさに最適なディスプレイ表示が可能となる。

感度を調整することによって、外が暗い場合の視認性をミラーより

向上できる可能性がある。

しかし、それに伴い発生するノイズを減少させる手段を取る必要がある。

④視界の移動が少ない。

今まで、車外まで視線を移していたものが、エアコンの吹き出し口

あたりまで減らす事ができる。

一方、環境性能に関するメリットは以下が挙げられる。

①騒音、燃費の減少

自動車の空力エンジニアを悩ませる要因の一つが、ドアミラー周りの

流れの最適化である。ドアミラーは、ミラー部分が直角に

なっているため、前方から流れてきた空気が直角の位置で剥離して、

乱流を生み出しやすくなる。その結果、空気抵抗係数(cd値)が上昇し、

騒音の発生や燃費の悪化を招いてしまう。レクサスESでは、

ドアミラーレス化によって、cd値が0.01削減できた。

これによって若干の燃費向上が期待できる。

これは小さな改良ではあるが、COP25での首脳陣の議論が

まとまらなかったり、

飛行機で移動することが環境破壊につながる風潮がある昨今、

このような地道な技術革新で環境性能を向上させることは今後益々必要と

されるであろう。

②車幅のスリム化

細い道を通るときに、車体は通るがサイドミラーは通らない

といった事がよくある。ドアミラーがなくなることで、ミラー幅を

気にせずに細い道を通ることが可能となる。

一方、今後の課題としては、より広いダイナミックレンジを採用して、

カメラが太陽光やヘッドライトを捉えた場合の視認性や、

ディスプレイに太陽光が当たったときでもはっきり見えるための

改善が必要である。

より安価に提供することも今後の課題となる。

デジタルミラーはレクサスESではオプションで21万6000円、

ホンダeはデジタルミラー標準搭載だが、車両価格が318万円

(予定)とコンパクトカーの割には割高となっている。

デジタルミラーは車種ごとにチューニングは必要だろうが、部品は

車種が異なった場合でも共通化できたり、オプション装備から

標準化されれば更に安くなる。

今後採用車種が増えれば様々なメーカーが参入し、マーケットの

拡大から競争原理が働き、高性能化と低価格化に拍車がかかるだろう。

一方、海外メーカーを見ても、Audiが電気自動車e-tronにOLEDディスプレイ

ドアミラーレス車を発売し、
oled-mirror
ダイムラーは大型トラックにドアミラーレスを採用した。
track_mirror2
カメラの位置はドライバーを気にする必要がないので、

車体上部に取り付けられ、視界が広がった。
track_mirror
今後、ドアミラーレス車の採用率は益々上がっていくと言える。

20200128banner
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 12月 17日(火曜日) 16:50  

メール配信ニュース