Home JDI、日本向けファンドから資金

JDI、いちごアセッと資金調達で基本合意

富士通は2019年7月25日、2019年度第1四半期(2019年4月〜7月)業績を発表した。LSI、電子部品で構成されるデバイスソリューション事業は、売上高が前年度同期比35.6%減の846億円、営業損益は前年度同期から84億円悪化、77億円の赤字となった。このうちLSI事業の売上高は同80.7%減の179億円となった。
半導体販売会社(富士通エレクトロニクス)、電子部品製造会社を2018年度第4四半期に連結から外すなどの事業再編を進めたことにより、大幅な売り上げ減となった。営業利益についても国内工場の再編費用増加により減益となった。
2019年度通期のデバイスソリューション事業の業績見通しは、売上高が前年度比38.4%減の3,000億円、営業利益はゼロとなっている。LSI事業については売上高400億円にまで縮小する見通しである。
ジャパンディスプレイ(JDI)は2019年12月12日、同日開催の

取締役会において、日本企業への長期投資に特化した資産運用会社

であるいちごトラスト・ピーティーイー・リミテッドとの間で、

800億から900億円の資金調達について、今後詳細を協議すること

を決議し、いちごトラストとの間で、資金調達に関する基本合意書

を締結したことを発表した。

JDIはSuwa Investment Holdingsとの間で、2019年8月7日付で締結

した AMENDED AND RESTATED CAPITAL AND BUSINESS

ALLIANCE AGREEMENT に基づく出資を得られるよう、Suwa 及び

その出資予定者との間で協議及び交渉を継続しているが、Suwaから

の出資が2019年12月31日までに実施されなかった場合の対応策とし

て、いちごトラストとの間で本合意書を締結した。

Suwa からの出資が2019年12月31日までに実施されなかった場合

に、JDIがいちごトラストから、800億から900億円の資金調達を

実施するむねの最終契約の締結に向けて協議を進める。具体的な

内容及び条件については、今後両社協議の上決定する予定である。

 Suwaからの出資が2019年12月31日までに実施されなかった場合

には、2020 年1月中に最終契約を締結し、同年2月から3月に資金

調達を完了することを目指していく。

なお、JDIといちごトラストは、実務上可能な範囲で、当社との

最終契約締結から上記の資金調達が完了するまでの間、調達する

資金のうち200億円を両社から独立した第三者の口座に預託する

むねを合意している。


20200128banner
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 12月 16日(月曜日) 17:16  

メール配信ニュース