Home スタンレーがAlN基板企業買収

スタンレー電気、AlN基板企業を買収

富士通は2019年7月25日、2019年度第1四半期(2019年4月〜7月)業績を発表した。LSI、電子部品で構成されるデバイスソリューション事業は、売上高が前年度同期比35.6%減の846億円、営業損益は前年度同期から84億円悪化、77億円の赤字となった。このうちLSI事業の売上高は同80.7%減の179億円となった。
半導体販売会社(富士通エレクトロニクス)、電子部品製造会社を2018年度第4四半期に連結から外すなどの事業再編を進めたことにより、大幅な売り上げ減となった。営業利益についても国内工場の再編費用増加により減益となった。
2019年度通期のデバイスソリューション事業の業績見通しは、売上高が前年度比38.4%減の3,000億円、営業利益はゼロとなっている。LSI事業については売上高400億円にまで縮小する見通しである。
スタンレ―電気は2019年12月5日、殺菌能力の高い265nm の波長

で世界最高レベルの深紫外LED(DUV-LED)のキーデバイスであ

る、窒化アルミニウム(AlN)半導体基板の開発・製造・販売を行って

いる米HexaTech, Inc.の株式を取得、子会社とすると発表した。

HexaTechは、深紫外 LED のキーデバイスとなるAlN結晶をグレイン

フリー(無欠陥)で大口径化する技術を確立している。

HexaTechは、既にDUV-LEDで50mWの出力を実現しているが、

スタンレーの子会社となることで、スタンレーのリソースが活用で

きるようになることにより、近い将来 200mW の出力を実現し、

殺菌市場における更なる優位性が確立できるとしている。

また、HexaTechの子会社化による AlN 半導体基板の供給体制の

実現と既に保有するパッケージ技術やリアクター設計ノウハウの活

用により、スタンレー電気ではDUV-LED 製品の開発・量産スピー

を向上させ、早期に殺菌市場へ新製品を投入して、当該分野にお

て 2025 年までに500億円以上の売上を目指す。加えて AlN 半導

基板は、将来的にはパワートランジスタ、通信用トランジスタの

基板としても有望視されており、さらなる需要が見込まれる。

20200128banner
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 12月 16日(月曜日) 17:07  

メール配信ニュース