Home HOYA、ニューフレアにTOB

HOYA、ニューフレアテクノロジーへのTOB開始を発表

富士通は2019年7月25日、2019年度第1四半期(2019年4月〜7月)業績を発表した。LSI、電子部品で構成されるデバイスソリューション事業は、売上高が前年度同期比35.6%減の846億円、営業損益は前年度同期から84億円悪化、77億円の赤字となった。このうちLSI事業の売上高は同80.7%減の179億円となった。
半導体販売会社(富士通エレクトロニクス)、電子部品製造会社を2018年度第4四半期に連結から外すなどの事業再編を進めたことにより、大幅な売り上げ減となった。営業利益についても国内工場の再編費用増加により減益となった。
2019年度通期のデバイスソリューション事業の業績見通しは、売上高が前年度比38.4%減の3,000億円、営業利益はゼロとなっている。LSI事業については売上高400億円にまで縮小する見通しである。
HOYAは2019年12月13日、株式会社ニューフレアテクノロジー

の株式の公開買い付け(TOB)2020年春から開始する計画を発表

した。

ニューフレアテクノロジーに関しては、すでに東芝デバイス&

ストレージ株式会社(TDSC)が完全子会社化を目指して2019年

12月23日を期限にTOBを行っており、HOYAはTOBは、東芝が

TOBによる株式取得が目標に届かず、成立していないことが前提

条件となる。東芝ははTOBの成立条件として所有割合の14.27%を

下限に設定している。同社はすでにニューフレアの株式52.4%を

保有しており、今後、14.27%を買い増せば保有株H率は3分の2を

超えることになる。

HOYAでは本公開買付けにおける買付予定数の下限を 7,634,000株

(保有比率:66.67%)と設定しており、現在、過半株式を保有する

東芝デバイス&ストレージが本公開買付けに応募することが本公開

買付けの成立における必要条件となる。HOYAは、買付価格をTDSC

よりも1000円程度高く設定しており、東芝グループもTOBに応募し

 くれるのでは、と期待している。

ニューフレアは電子ビームマスク描画装置のリーディングカンパニ

ーであり、半導体メーカー、ファンドリ、半導体マスクメーカーを

顧客としており、また、当社は、特にEUVリソグラフィー技術をは

じめとした先端製品領域において顧客から高い評価を得ている。こ

のため、当該領域において両社で緊密な協業体制を築き、両社が有

する知見を組み合わせることにより、顧客各社の製品ロードマップ

の対応力を強化することが可能になるなど、シナジーが期待でき

ると判断、一体化を目指してTOBを行うこととした。

20200128banner
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 12月 16日(月曜日) 17:03  

メール配信ニュース