Home GNC Letter(配信ニュース)一覧 重ね合わせたグラフェンシートの角度をずらすだけで、超伝導性や絶縁性を実現

重ね合わせたグラフェンシートの角度をずらすだけで、超伝導性や絶縁性を実現

●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。
20180305_mit
●米ハーバード大とMITの研究グループは3月5日、2枚のグラフェンシートを重ね合わせて角度を調節することにより、超伝導性から絶縁性まで多様な電気特性を実現できると発表した。
  
●炭素原子一層分の厚みの二次元材料であるグラフェンは、次世代デバイスの材料として近年注目を集めている。軽くてフレキシブルでありながら、鉄の数百倍の強度を持ち、銅より高い導電性も有する。
  
●今回同グループは、格子状の2枚のグラフェンシートを重ね合わせることで「超格子(superlattice)」と呼ばれる状態を形成した。超格子は「マジックアングル」と同グループが名付けた特定の重ね合わせ角度においてのみ実現し、わずか0.2度のずれで効果を失ってしまうという。
  
●超格子状態となった2枚のグラフェンシートは、モット絶縁体に類似した絶縁性を帯びる。これに少量の電子を添加し電圧を加えることで電気特性変化し、一定レベル以上で超伝導性に達した。
  
●今回の発見により、スイッチを切り替えるだけで電気特性を切り替えられるグラフェントランジスタの実現が期待される。同グループでMITのパブロ・ジャリロ・ヘッレロ准教授は「量子デバイスにおいて多くの可能性が開かれるだろう」と述べた。
  
  
20180305_magic-angle
  
(画像はMIT プレスリリースより)
  
  
  eq2018_banner
  
   
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2018年 3月 12日(月曜日) 09:39  

メール配信ニュース