Home GNC Letter(配信ニュース)一覧 マクニカ、子会社のエルセナを吸収合併へ

マクニカ、子会社のエルセナを吸収合併へ

●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。
マクニカは1月29日の取締役会において、国内の半導体事業を組織再編し、完全子会社のエルセナを吸収合併すると発表した。
  
●マクニカは吸収合併を決議した理由として、現在前例のない規模で半導体メーカーの M&Aが進んでおり、半導体産業の寡占化と同時に半導体商社の整理・淘汰が加速していること、得意先から調達業務・取引口座の集約による効率化、グローバル対応が強く求められていることを挙げた。
  
●従来傘下で分散していたエルセナの取引口座をマクニカの口座に一本化し、得意先での業務の集約化・効率化に貢献することを目指すとともに、世界22ヶ国・77拠点に展開しているマクニカグループのグローバル拠点の顧客利用促進を目的とする。
 
●また、半導体メーカーのM&Aが今後も継続することが予測される中、マクニカグループの仕入先間でM&Aが起こった際に発生する得意先内での口座移管作業を未然に防ぎ、得意先の負荷を軽減する。
  
●今後のスケジュールは、2018年4月1日にマクニカがエルセナの受注残及び売上債権などを残し吸収分割にて承継した後、2018年10月1日に吸収合併する予定となっている。
  
  
seminar_banner
  
oleddp2018_banner
  
  
   
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2018年 2月 05日(月曜日) 09:40