Home GNC Letter(配信ニュース)一覧 ジャパンディスプレイ、透明な静電容量式ガラス指紋センサ開発

ジャパンディスプレイ、透明な静電容量式ガラス指紋センサ開発

jdi_sensor1
  
●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。
●ジャパンディスプレイは1月23日、当社の持つ液晶ディスプレイに搭載してきた静電容量型タッチ入力技術を応用し、透明な静電容量式ガラス指紋センサを開発したと発表した。2018年度中の量産出荷を予定している。
  
●同社はスマートフォンやデジタルカメラ向けの液晶ディスプレイ向けとして、タッチ入力技術「Pixel Eyes」を有している。Pixel Eyesにおいては、液晶ディスプレイ表面に指が触れた時の静電容量の変化を検出するための機能がガラス基板上に形成されている。
  
●同社は同技術をさらに進化させ、指紋の凹凸による静電容量の変化を検出する技術の開発に成功した。これにより、透明なガラス上に静電容量式指紋センサを形成することが可能となっている。
 
●同社はシリコン製にはないガラスの高い透明性といった特長を活かし、バックライトやディスプレイなどと組み合わせ、これまでにない新たな指紋センサの用途拡大を見込む。
  
【今回開発されたセンサの概略仕様】
jdi_sensor2
   
(画像はジャパンディスプレイ プレスリリースより)
  
seminar_banner
  
oleddp2018_banner
  
  
   
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2018年 1月 29日(月曜日) 09:33