Home GNC Letter(配信ニュース)一覧 TDKと旭化成エレクトロニクス、TMR 3軸磁気センサを共同開発

TDKと旭化成エレクトロニクス、TMR 3軸磁気センサを共同開発

  
tdk_akm
  
●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。
●TDKと旭化成エレクトロニクスは1月9日、TMR素子を用いた3軸磁気センサを共同開発したと発表した。
  
●同センサは、旭化成エレクトロニクスの電子コンパスで培ったセンサ用ASICの設計技術と、TDKがHDD用の磁気ヘッドで培ってきたTMR素子の技術を活かして実現した。低ノイズ、低消費電流、小型パッケージを特長としている。
  
●スマートフォンや各種ウェアラブル機器などの小型電子機器をはじめ、ゲーム機のコントローラなど、より高い位置・姿勢精度を求めるVR、AR 、MR (Mixed Reality、複合現実) 等のアプリケーションを想定している。また両社は、今後市場拡大が見込まれるIoT関連機器への搭載にも期待を寄せる。
 
●なお両社は、2018年1月9日から12日まで米国ラスベガスにて開催される世界最大級のエレクトロニクスの展示会「CES2018」にて、それぞれのブースで同センサを用いたデモンストレーション展示を行った。
  
(画像は旭化成エレクトロニクス プレスリリースより)
  
  
oleddp2018_banner
  
oleddp2018_banner
  
  
   
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2018年 1月 15日(月曜日) 10:46