Home GNC Letter(配信ニュース)一覧 Broadcom、Qualcommに約1,300億USドルでの買収を提案

Broadcom、Qualcommに約1,300億USドルでの買収を提案

    
●米Broadcom社は11月6日、米Qualcomm社に対する買収提案を公式に発表した。買収額は約1,300億USドル(約14兆8,200億円)が提示されており、実現すれば半導体業界で過去最大規模の買収案件となる。
  
●米Broadcom社が打診している買収案は、米Qualcomm社の1株あたり70USドルで算出されており、11月2日の同社株価終値に28%のプレミアムを乗せた金額となっている。買収額の約1,300億USドルには、約250億USドルの負債引受分が含まれる。
  
米Qualcomm社は2016年10月、蘭NXP Semiconductors社を買収すると発表した。2017年末の手続き完了を目指していたが、欧州や中国の規制当局による審査に時間を要しており、2018年にずれ込む見込となっている。買収額は約470億USドルで、半導体業界で過去最大規模の買収案件となっていた。今回の買収提案は、これを大きく上回る規模となっている。
  
●現在の米Broadcom社は、小が大を取り込む形で米Avago Technologies社が旧米Broadcom社を買収したことで、2016年2月に誕生している。今回の買収提案は、再度この構図が採られたものだ。
 
●ただし米Qualcomm社は前述の通り蘭NXP Semiconductors社の買収が1年以上審査中となっており、更にそれを買収するとなると厳しい審査が予測される。また米Qualcomm社側はこの提案を受け入れていないといった報道もあり、実現するかどうかは未知数だ。
  
  
oleddp2018_banner
  
semifab_banner
  
   
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2017年 11月 13日(月曜日) 09:33  

メール配信ニュース