Home GNC Letter(配信ニュース)一覧 Micronの台湾工場、窒素ガス漏えいにより一時稼働停止

Micronの台湾工場、窒素ガス漏えいにより一時稼働停止

●米Micron Technology社の台湾子会社・Micron Technology Taiwan社が桃園市に有する「Fab2」が7月1日、窒素ガス漏えいにより一時稼働を停止した。
  
●窒素ガスの分離装置が誤作動を起こし、窒素ガスが漏洩したことにより製造装置やウエハを汚染した。同社によると直ぐに復旧されたため、DRAM供給能力には大きな影響はないという。
  
●同件については、2017年7月における世界のDRAM生産量が約5.5%落ちた、月産12万枚のウエハの半分、6万枚が廃棄処分となった等の報道が出ていた。
 
●Fab2は以前は台Inotera Memories社の工場であった。2016年12月、同社は米Micron Technology社により完全子会社化されており、2017年3月には、社名をMicron Technology Taiwan社に改めている。
  
   
2017_5gseminar_banner
  
new_reports_banner
  
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2017年 7月 10日(月曜日) 09:46