Home GNC Letter(配信ニュース)一覧 SCREEN、第10.5世代ガラス基板対応コータ/デベロッパを重点顧客に納入

SCREEN、第10.5世代ガラス基板対応コータ/デベロッパを重点顧客に納入

●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。
・SCREENホールディングス傘下のFPD製造装置メーカであるSCREENファインテックソリューションズは2019年3月19日、世界最大クラスの第10.5世代ガラス基板(2,940mm×3,370mm)に対応した高精細プロセス向けコータ/デベロッパ「SK-3033G」を開発し、重点顧客に納入したことを発表した。

・同社では今回の受注・納入を足掛かりに、大型ディスプレイ市場へのビジネスを拡大を図る。

・新製品「SK-3033G」は、TFTアレイ用として世界シェア68%(2018年実績、同社調べ)を誇る「SKシリーズ」の第10.5世代ガラス基板向として開発された。この装置は、エア浮上搬送方式の塗布システム「レビコータ」を搭載し、洗浄から現像までの一貫ラインによる効率的な処理を実現。

・特に、傾斜搬送方式の洗浄・現像装置、温度均一性の高い枚葉プレート式オーブンなどの高い性能が認められ、このたび重点顧客であるディスプレーパネルメーカーから同装置を受注を獲得、今回納入した。
SCREEN写真
20190311seminar0327
20190311 china

gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 4月 01日(月曜日) 10:40  

メール配信ニュース