Home GNC Letter(配信ニュース)一覧 ON Semiconductor,NVIDIAとクラウドベース自律運転シミュレーションで提携

ON Semiconductor,NVIDIAとクラウドベース自律運転シミュレーションで提携

●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。
・米ON Semiconductor社はNvidia社は2019年3月22日、ON Semiconductorの高度なイメージセンサ・モデリング技術を活用して、NVIDIAのシミュレーション・プラットフォームDRIVE Constellationに、リアルタイムのデータを提供することを発表した。

・このオープンなクラウドベースのプラットフォームは、大規模なHILS(hardware-in-the-loop)テストと自律運転車の検証用に、ビット単位の精度を持つシミュレーションを実行する。

・ON Semiconductorのイメージセンサのモデルは、周囲の情報と制御信号の両方をDRIVE Constellationから受信し、その入力に基づきリアルタイムの画像を計算し、出力する。そして、そのシミュレーションされた画像を、DRIVE Constellationの処理のために戻すことができる。

・この複雑なセンサモデルは、写真をデジタル出力に変換する過程のすべての重要パラメータ(量子効率、ノイズ、ゲイン、アナログ・デジタル変換、黒レベル補正など)を活用し、現実世界のイメージセンサの正確な出力を提供することができるようになる。
20190311seminar0327
20190311 china

gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 3月 26日(火曜日) 09:53  

メール配信ニュース