Home GNC Letter(配信ニュース)一覧 ニコン、ASML、Carl Zeiss間における全ての訴訟手続の和解合意

ニコン、ASML、Carl Zeiss間における全ての訴訟手続の和解合意

●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。
ニコンは2019年1月23日、オランダのASML Holding N.V.およびドイツのCarl Zeiss SMT GmbHと露光装置およびデジタルカメラの特許に対する全ての訴訟手続の包括的和解に関し、基本合意覚書を締結したことを発表した。

・基本合意覚書は法的拘束力を有し、3社間で行われている、欧州、日本、米国国際貿易委員会(ITC)を含む米国における全ての訴訟が対象。3社は、2019年2月に、和解およびクロスライセンスに関する最終契約を締結し、3社間の全ての訴訟を取り下げる予定となっている。なお、基本合意覚書の条件には、ASMLおよびZeissからニコンに対する、総額150百万ユーロ(約190億円)の支払いが含まれている。さらに、最終契約の締結日から10年間、液浸露光装置の年間の売上高の0.8%に相当する金額のライセンス料を相互に支払うクロスライセンスの合意も今回の基本合意覚書に含まれている。
banner_20190219seminar

gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 1月 28日(月曜日) 11:43  

メール配信ニュース