Home GNC Letter(配信ニュース)一覧 ソシオネクスト、オーストリアのソフトウェア子会社を売却

ソシオネクスト、オーストリアのソフトウェア子会社を売却

●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。
ソシオネクストとアートスパークホールディングス株式会社 は、ソシオネクストのグループ会社 Socionext Europe GmbH が保有する Socionext Embedded Software Austria GmbH (SESA) の全株式をアートスパークに譲渡することで合意した。2019年1月末に譲渡完了を予定している。

・SESA は、ソシオネクストの車載ソリューションの拠点の一つとしてオーストリア・リンツ (Linz) にオフィスを置き、HMI (Human Machine Interface)オーサリングツール「CGI Studio」の開発および販売を行っている。CGI Studio は、ソシオネクストの高品質な車載グラフィックスSoCソリューションを実現するためのオーサリングツールとして業界高い評価を得てきた。一方で、ハードウエアに依存しない特性から、近年では他社製SoC 向けのビジネス機会および採用事例も多くなっていた。このため、アートスパークのような GUI オーサリングツールの開発・販売に豊富なノウハウを持つ企業のもとでビジネスを推進することが望ましいと判断し、今回の譲渡の合意に至った。SESA は今後、アートスパークのグループの一員として活動を継続する。なお、本件譲渡完了後も、日本国外の一部の地域についてはソシオネクストグループが CGI Studio の販売とサポートを継続する予定である。 

seminar0121_bannar
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 1月 08日(火曜日) 13:43