Home パナソニック、半導体事業から撤退

パナソニック、半導体事業から撤退

富士通は2019年7月25日、2019年度第1四半期(2019年4月〜7月)業績を発表した。LSI、電子部品で構成されるデバイスソリューション事業は、売上高が前年度同期比35.6%減の846億円、営業損益は前年度同期から84億円悪化、77億円の赤字となった。このうちLSI事業の売上高は同80.7%減の179億円となった。
半導体販売会社(富士通エレクトロニクス)、電子部品製造会社を2018年度第4四半期に連結から外すなどの事業再編を進めたことにより、大幅な売り上げ減となった。営業利益についても国内工場の再編費用増加により減益となった。
2019年度通期のデバイスソリューション事業の業績見通しは、売上高が前年度比38.4%減の3,000億円、営業利益はゼロとなっている。LSI事業については売上高400億円にまで縮小する見通しである。
パナソニックは2019年11月28日、半導体事業を台湾Winbond

 Electronics社の子会社であるNuvoton Technology社に譲渡する

 ことを発表した。パナソニックの半導体事業は、100%子会社で

パナソニック出資管理合同会社(PEMJ)の100%子会社グル

ープ企業のパナソニックセミコンダクターソリューションズ

(PSCS)で行っている。譲渡額は270億円。今回の譲渡契約は

2020年6月1日付けで発効する計画である。

譲渡対象には、PSCSが運用している魚津工場の150mmライ

ン、PEMJの子会社である半導体の設計、開発を行ってるパナ

ソニック デバイスシステムテクノ、半導体関連の技術業務請負

を行っているパナソニック デバイスエンジニアリングが含まれ

る。また、イスラエルTower Semiconductor社との合弁企業で、

魚津工場(300mライン)、砺波工場、新井工場を運営している

パナソニック・タワージャズ・セミコンダクターのパナソニッ

ク持ち分(持ち株比率49%)が含まれる。

海外事業に関しては、半導体の開発・販売事業を担当する

パナソニック デバイスセミコンダクターアジア(PIDSCA)の

事業をNuvotonのシンガポール法人に譲渡する。また、半導体

の組立・テスト工程を行っているパナソニック セミコンダク

ター蘇州(PSCSZ)の設備・在庫などをNuvotonの中国法人

に譲渡する。

20200128banner
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 12月 02日(月曜日) 20:52  

メール配信ニュース