Home シャオミ 1億画素スマホ発表

シャオミ 1億画素スマートフォンを発売

富士通は2019年7月25日、2019年度第1四半期(2019年4月〜7月)業績を発表した。LSI、電子部品で構成されるデバイスソリューション事業は、売上高が前年度同期比35.6%減の846億円、営業損益は前年度同期から84億円悪化、77億円の赤字となった。このうちLSI事業の売上高は同80.7%減の179億円となった。
半導体販売会社(富士通エレクトロニクス)、電子部品製造会社を2018年度第4四半期に連結から外すなどの事業再編を進めたことにより、大幅な売り上げ減となった。営業利益についても国内工場の再編費用増加により減益となった。
2019年度通期のデバイスソリューション事業の業績見通しは、売上高が前年度比38.4%減の3,000億円、営業利益はゼロとなっている。LSI事業については売上高400億円にまで縮小する見通しである。
中国のXIAOMIは、サムスンと共同開発した1億800万画素イメージセンサーを

搭載したスマートフォン「Mi Note 10」を発売した。

市場価格は499~599ドルを見込んでいる。

「Mi note 10」は5つのカメラを搭載し、上から125mm/500万画素,

50mm/1,200万画素,1億800万画素/25mm,2,000万画素の4つに加え
200万画素のマクロレンズを搭載し、AppleのiphoneやファーウェイP30などの

他社のスマートフォンとの差別化をする意図がはっきりと伺える。
20200128bannergncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 11月 18日(月曜日) 17:48  

メール配信ニュース