Home SUMCO、第三四半期決算を発表

SUMCO 第三四半期決算を発表

z富士通は2019年7月25日、2019年度第1四半期(2019年4月〜7月)業績を発表した。LSI、電子部品で構成されるデバイスソリューション事業は、売上高が前年度同期比35.6%減の846億円、営業損益は前年度同期から84億円悪化、77億円の赤字となった。このうちLSI事業の売上高は同80.7%減の179億円となった。
半導体販売会社(富士通エレクトロニクス)、電子部品製造会社を2018年度第4四半期に連結から外すなどの事業再編を進めたことにより、大幅な売り上げ減となった。営業利益についても国内工場の再編費用増加により減益となった。
2019年度通期のデバイスソリューション事業の業績見通しは、売上高が前年度比38.4%減の3,000億円、営業利益はゼロとなっている。LSI事業については売上高400億円にまで縮小する見通しである。
SUMCOは、2019年度第三四半期決算を発表した。

売上高は2285億1100万円と、昨年同時期と比較し、5.8%減となった。

経常利益も昨年同時期比34.1%減の412億900万円と落ち込んだ。

SUMCOは、半導体向け300mmシリコンウエーハ市場はスマートフォンの

販売台数停滞、データセンターの投資抑制等の半導体需要の減少による

数量調整が開始し、第三四半期ではロジック向けは回復したものの、

市場の過半を占めるメモリ向けで在庫調整が続いていることが原因とし、

200mm以下の小口径ウエハも世界経済成長鈍化によって、

需要が停滞していることも原因としている。
20200128banner

 




gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 11月 18日(月曜日) 17:46  

メール配信ニュース