Home キオクシア、第二四半期決算を発表

キオクシア、第二四半期決算を発表

富士通は2019年7月25日、2019年度第1四半期(2019年4月〜7月)業績を発表した。LSI、電子部品で構成されるデバイスソリューション事業は、売上高が前年度同期比35.6%減の846億円、営業損益は前年度同期から84億円悪化、77億円の赤字となった。このうちLSI事業の売上高は同80.7%減の179億円となった。
半導体販売会社(富士通エレクトロニクス)、電子部品製造会社を2018年度第4四半期に連結から外すなどの事業再編を進めたことにより、大幅な売り上げ減となった。営業利益についても国内工場の再編費用増加により減益となった。
2019年度通期のデバイスソリューション事業の業績見通しは、売上高が前年度比38.4%減の3,000億円、営業利益はゼロとなっている。LSI事業については売上高400億円にまで縮小する見通しである。
キオクシアホールディングス株式会社(以下キオクシア)は、社名を

変更してから初の四半期決算(第二四半期)を発表した。

売上高は2390億円となり、全四半期比11.5%増、営業損益は

マイナス658億円となり、前期比33.5%の改善を示した。

当期純損益はマイナス560億円となり、前期比41.2%の改善を示した。

今回の決算についてキオクシアは、6月に発生した四日市工場の停電

による影響は軽微としつつ、今後は供給側の在庫水準の適正化が

計られ、需要側はデータセンター投資の回復及び、

スマートフォンのメモリ搭載量増加トレンドにより、

来年にかけて需給バランスは安定的に推移すると明るい見通しを

立てている。

また、10月に竣工した北上工場第一製造棟の生産開始は

2020年を予定しているとの発表もあった。

20200128banner
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 11月 18日(月曜日) 17:46  

メール配信ニュース