Home シャープ ローラブルOLED 製品化

シャープ、30インチ・ローラブルOLEDを製品化

富士通は2019年7月25日、2019年度第1四半期(2019年4月〜7月)業績を発表した。LSI、電子部品で構成されるデバイスソリューション事業は、売上高が前年度同期比35.6%減の846億円、営業損益は前年度同期から84億円悪化、77億円の赤字となった。このうちLSI事業の売上高は同80.7%減の179億円となった。
半導体販売会社(富士通エレクトロニクス)、電子部品製造会社を2018年度第4四半期に連結から外すなどの事業再編を進めたことにより、大幅な売り上げ減となった。営業利益についても国内工場の再編費用増加により減益となった。
2019年度通期のデバイスソリューション事業の業績見通しは、売上高が前年度比38.4%減の3,000億円、営業利益はゼロとなっている。LSI事業については売上高400億円にまで縮小する見通しである。
シャープは2019年11月8日、日本放送協会(NHK)と共同で30V型4K

フレキシブル有機ELディスプレイ(OLED)を開発したことを発表した。

今回の開発品は、対角30インチ(約76cm、アスペクト比は16:9)のフィルム

基板上に、RGBの発光素子(画素数は3840×2160)を形成しており、

この構成によるものとして世界最大となる。各素子を蒸着技術で高精度に

形成することで、カラーフィルタを不要とし、高い光利用効率を

実現している。また、フィルム基板を用いることで、薄さ約0.5mmの

パネル表示部をコンパクト(半径:約2cm)に巻き取り、下部の筐体に

すっきりと収納することができるようになっている。

有機EL素子を駆動するTFT(薄膜トランジスタ)としてIGZOを採用。

NHK独自の信号処理やパネル駆動技術の活用により、

画面の明るさの均一性や動画の鮮明度を向上させている。
 191111sharp
※(左から)表示時 収納中 収納時
191119

 




gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 11月 11日(月曜日) 18:40  

メール配信ニュース