Home 富士電機の19年度上期売上高

富士電機、19年度上期売上高は前年度比3%減

富士通は2019年7月25日、2019年度第1四半期(2019年4月〜7月)業績を発表した。LSI、電子部品で構成されるデバイスソリューション事業は、売上高が前年度同期比35.6%減の846億円、営業損益は前年度同期から84億円悪化、77億円の赤字となった。このうちLSI事業の売上高は同80.7%減の179億円となった。
半導体販売会社(富士通エレクトロニクス)、電子部品製造会社を2018年度第4四半期に連結から外すなどの事業再編を進めたことにより、大幅な売り上げ減となった。営業利益についても国内工場の再編費用増加により減益となった。
2019年度通期のデバイスソリューション事業の業績見通しは、売上高が前年度比38.4%減の3,000億円、営業利益はゼロとなっている。LSI事業については売上高400億円にまで縮小する見通しである。
富士電機は2019年10月31日、2019年度上期(2019年4月〜9月)業績を

発表した。

同期全社売上高は前年度同期比3.0%減の4,066億6,100万円となった。

営業利益は同40.0%減の111億1,600万円、純利益は同52.3%減の

59億7,800万円となった。前年同期に大型案件があったことによる

相対的な低下に加えて米中貿易摩擦影響による国内外の生産調整及び

設備投資の抑制等により、「パワエレシステム エネルギー」「その他」

を除く4部門で需要が減少し、前年同期に比べ128億円減少の4,067億円

となった。損益面では、原価低減等を推進したものの、売上高の減少

及び為替変動の影響などにより、営業損益は前年同期比74億円減の

111億円、経常損益は前年同期に比べ86億円減少の109億円、

純損益は66億円減少の60億円となった。

2019年度通期業績見通しは、売上高が前年度比横這いの9150億円、

営業利益が同100億円減の500億円、純損益は同73億円減の

330億円を計画している。

電子デバイス事業の業績は、売上高が前年度比8%減の658億円、

営業利益が同26億円減の60億円となった。自動車(EV)向け

パワー半導体の需要は増加したものの、国内及び中国市場を中心に

産業分野向けの需要が減少したことに加え、為替影響などにより、

売上高、営業損益ともに前年同期を下回った。

このうち、半導体事業の売上高は同6.2%減の545億円となった。

半導体分野別売上高構成比率は、産業モジュール46%、

産業ディスクリートが20%、自動車が34%となった。

電子デバイス事業の通期見通しは、売上高が前年度比13億円減の

1,360億円、営業損益は40億円悪化して116億円となるものと

予想している。自動車向けパワー半導体の売り上げ増は見込めるが、

為替の影響から前年割れの見通しとなった。
191119

 




gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 11月 11日(月曜日) 18:33  

メール配信ニュース