Home ASML、売上高拡大

ASML、EUVの19年度3Q出荷台数は7台

富士通は2019年7月25日、2019年度第1四半期(2019年4月〜7月)業績を発表した。LSI、電子部品で構成されるデバイスソリューション事業は、売上高が前年度同期比35.6%減の846億円、営業損益は前年度同期から84億円悪化、77億円の赤字となった。このうちLSI事業の売上高は同80.7%減の179億円となった。
半導体販売会社(富士通エレクトロニクス)、電子部品製造会社を2018年度第4四半期に連結から外すなどの事業再編を進めたことにより、大幅な売り上げ減となった。営業利益についても国内工場の再編費用増加により減益となった。
2019年度通期のデバイスソリューション事業の業績見通しは、売上高が前年度比38.4%減の3,000億円、営業利益はゼロとなっている。LSI事業については売上高400億円にまで縮小する見通しである。
蘭ASML Holdins社は2019年10月16日、2019年度第3四半期業績

を発表した。

同期売上高は29億8,650万ユーロで、前年度同期比7.6%増とな

った。このうちシステム売上高は23億2,560万ユーロ、サービス

/フィールドオプション事業の売上高は6億9,550万ユーロとなっ

た。受注額はEUV23台を含めて51億1,100万ユーロとなった。

システム売上のアプリケーション別売上高(累積)はロジックが

39億5,900万ユーロ、メモリは19億700万ユーロとなった。台数

は新品装置が78台、中古装置gは3台にとどまった
光源別売上台数(中古装置含む)はi線が6台、KrFが14台、ArF

ドライが9台、ArF液浸が21台、EUVが7台となった。金額ベース

では、EUV32%、ArF液浸51%、ArFドライ7%、KrF6%、i線が1

%、検査装置・その他が地域別出荷比率は台湾54%、米国26%、

韓国11%、中国7%、日本2%となった。

2019年度第4四半期については、売上高39億ユーロ超。この

なかにはEUV8台、9億5,000万米ドル、既設装置へのサービス

金額などが含まれる。

191119

 




gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 10月 28日(月曜日) 14:39  

メール配信ニュース