Home キオクシア、新工場棟竣工

キオクシア、北上工場新製造棟竣工

富士通は2019年7月25日、2019年度第1四半期(2019年4月〜7月)業績を発表した。LSI、電子部品で構成されるデバイスソリューション事業は、売上高が前年度同期比35.6%減の846億円、営業損益は前年度同期から84億円悪化、77億円の赤字となった。このうちLSI事業の売上高は同80.7%減の179億円となった。
半導体販売会社(富士通エレクトロニクス)、電子部品製造会社を2018年度第4四半期に連結から外すなどの事業再編を進めたことにより、大幅な売り上げ減となった。営業利益についても国内工場の再編費用増加により減益となった。
2019年度通期のデバイスソリューション事業の業績見通しは、売上高が前年度比38.4%減の3,000億円、営業利益はゼロとなっている。LSI事業については売上高400億円にまで縮小する見通しである。
キオクシア(旧:東芝メモリ)は2019年10月10日、子会社であるキオクシア

岩手株式会社で建設を進めてきた第1製造棟(K1棟)を竣工した。今後、立ち

上げを進め、2020年に稼働を開始する計画である。同工場は3次元フラッシュ

メモリの生産拠点となる。ただし、メモリ市況が不透明なこともあり、当初

は月産6500枚(300mmウェーハ)のパイロットラインとして立ち上げると

見られる。

同工場は2018年7月に着工、本年6月から設備を搬入して小規模ラインで

生産準備を進めてきた。免震構造の鉄骨造り5階建て。延床面積約20万m2

建屋への投資額は約1,000億円、投資総額は1兆円を計画している。製造装置

については協業先の米Western Digital(WD)と共同で設備投資、運用を行

っていく。
191119
 




gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 10月 23日(水曜日) 17:06  

メール配信ニュース