Home 信越化学、JA Solar提携

信越化学、JA Solarと太陽電池セル製造特許の特許実施許諾契約を締結

富士通は2019年7月25日、2019年度第1四半期(2019年4月〜7月)業績を発表した。LSI、電子部品で構成されるデバイスソリューション事業は、売上高が前年度同期比35.6%減の846億円、営業損益は前年度同期から84億円悪化、77億円の赤字となった。このうちLSI事業の売上高は同80.7%減の179億円となった。
半導体販売会社(富士通エレクトロニクス)、電子部品製造会社を2018年度第4四半期に連結から外すなどの事業再編を進めたことにより、大幅な売り上げ減となった。営業利益についても国内工場の再編費用増加により減益となった。
2019年度通期のデバイスソリューション事業の業績見通しは、売上高が前年度比38.4%減の3,000億円、営業利益はゼロとなっている。LSI事業については売上高400億円にまで縮小する見通しである。
信越化学工業は2019年10月9日、中国の太陽電池企業JA Solar社

との間で、自社が保有する「Gaが添加されたシリコン結晶、ウ

ェーハ、セルの製造に関する特許」の実施許諾に関する契約を

締結したことを発表した。

単結晶Siを材料として製造される太陽電池セルを用いた太陽

光パネルは、太陽光を受け始めてしばらくの間、性能が低下す

る光誘起劣化(LID)と呼ばれる現象が生じる。信越化学の

「Gaが添加されたシリコン結晶、ウエハー、セルの製造に関

する特許」は、この光誘起劣化を低減する最も効果的な方法

の一つである。

JA Solarでは、同特許に基づく技術を導入することにより、

初年度の太陽光パネルの出力保証率を0.5ポイント改善でき、

優れた発電性能と高い発電量を実現できるとしてる。
 seminer_191017




gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 10月 15日(火曜日) 20:52  

メール配信ニュース