Home 新電元、新事業所設立

新電元工業、新事業所設立

富士通は2019年7月25日、2019年度第1四半期(2019年4月〜7月)業績を発表した。LSI、電子部品で構成されるデバイスソリューション事業は、売上高が前年度同期比35.6%減の846億円、営業損益は前年度同期から84億円悪化、77億円の赤字となった。このうちLSI事業の売上高は同80.7%減の179億円となった。
半導体販売会社(富士通エレクトロニクス)、電子部品製造会社を2018年度第4四半期に連結から外すなどの事業再編を進めたことにより、大幅な売り上げ減となった。営業利益についても国内工場の再編費用増加により減益となった。
2019年度通期のデバイスソリューション事業の業績見通しは、売上高が前年度比38.4%減の3,000億円、営業利益はゼロとなっている。LSI事業については売上高400億円にまで縮小する見通しである。
新電元工業は2019年09月10日、新事業所の設立を決定し、2019 年

9月10日付にて埼玉県朝霞市と定期借地契約を締結したことを発表

した。同社グループの研究開発機能およびグループ事業運営機能を

担う飯能工場(埼玉県)は開業70年近く経ち老朽化が進んでおり、

加えて敷地内の複数の建物に各事業本部、部門が分散、効率が悪く

なっている。

このため、今回、飯能工場の事業本部・部門、研究開発などの主要

能を新事業所において一棟に集約するとともに、大手町本社の一

部機能も集約し、事業の継続性確保と生産性向上を図っていく。

新事業所は、朝霞事業所(仮称)と呼ばれ、所在地番は埼玉県朝霞

幸町三丁目1110 番1(他2筆)。敷地面積は約2万9,600mm2

鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)/地上4 階で延床面積は約2万

8,500m2

投資金額は約120 億円を計画している。2019年9月中旬着工。


2021年2月着工、2021年4月の開業を予定している。


土地の定期借地契約は、契約期間が2019 年9 月10 日から


2069 年3月31 日まで。土地所有者は埼玉県朝霞市となっている。


20191007_seminar




gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 9月 30日(月曜日) 11:41  

メール配信ニュース