Home ボッシュ,車載3Dディスプレイ開発

ボッシュ 車載用3Dディスプレイを開発

富士通は2019年7月25日、2019年度第1四半期(2019年4月〜7月)業績を発表した。LSI、電子部品で構成されるデバイスソリューション事業は、売上高が前年度同期比35.6%減の846億円、営業損益は前年度同期から84億円悪化、77億円の赤字となった。このうちLSI事業の売上高は同80.7%減の179億円となった。
半導体販売会社(富士通エレクトロニクス)、電子部品製造会社を2018年度第4四半期に連結から外すなどの事業再編を進めたことにより、大幅な売り上げ減となった。営業利益についても国内工場の再編費用増加により減益となった。
2019年度通期のデバイスソリューション事業の業績見通しは、売上高が前年度比38.4%減の3,000億円、営業利益はゼロとなっている。LSI事業については売上高400億円にまで縮小する見通しである。
独自動車部品大手のボッシュは2019年8月12日、車載メーター用として

の3Dディスプレイを開発した事を発表した。
190909_bosch

ボッシュはアウディ・クワトロへの世界初のデジタルディスプレイ採用

以降、常に車載ディスプレイの開発を続けてきたという。

ボッシュでは3Dディスプレイを被写界深度を利用して、ドライバーへ

のアシスタンス・システム、警報の表示など重要な視角情報を認識

しやすく提供できるとしている。

190909_bosch_2

例を挙げると、飛び出すように立体的に警告標識を映し出せば、

ドライバーはより緊迫感を感じ取る事が出来る。

その他、ナビゲーションマップも3D表示させることで、空間深度に

よって今どこを走っているのかがより理解しやすくなるという。

ボッシュはこの新型ディスプレイをアイトラッキングや、3Dグラス等

の追加デバイスを必要としない、パッシブ方式3D技術を採用した。

ボッシュはこの3Dディスプレイを2019年9月12日~22日に開催

されるフランクフルトモーターショー2019で初公開する事を発表

している。

今後車載ディスプレイ市場は、現在の150億ドルから、2025年までに

2倍の300億ドルまで拡大する事が予測されている。

(出典:Global Market Insights)
20191007_seminar




gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 9月 06日(金曜日) 18:29  

メール配信ニュース