Home 豊田合成、AIベンチャーに出資

豊田合成、AIのスタートアップ「トライエッティング社」に出資

富士通は2019年7月25日、2019年度第1四半期(2019年4月〜7月)業績を発表した。LSI、電子部品で構成されるデバイスソリューション事業は、売上高が前年度同期比35.6%減の846億円、営業損益は前年度同期から84億円悪化、77億円の赤字となった。このうちLSI事業の売上高は同80.7%減の179億円となった。
半導体販売会社(富士通エレクトロニクス)、電子部品製造会社を2018年度第4四半期に連結から外すなどの事業再編を進めたことにより、大幅な売り上げ減となった。営業利益についても国内工場の再編費用増加により減益となった。
2019年度通期のデバイスソリューション事業の業績見通しは、売上高が前年度比38.4%減の3,000億円、営業利益はゼロとなっている。LSI事業については売上高400億円にまで縮小する見通しである。
自動車部品大手の豊田合成株式会社は、AIプラットフォームを提供する

名古屋大学発のベンチャー「トライエッティング社」に5000万円を

出資したと発表した。

同社は、AIやビッグデータを駆使して新たな材料を迅速に開発する

マテリアルズ・インフォマティクスに強みを持つ。

豊田合成では、自動車産業の加速度的な事業環境の変化に対応する為、

ゴム、樹脂部品にセンサなどの電子部品を融合する事による

製品の高付加価値化を進めており、電子技術に対応した高機能材料開発

が急務となっている。

豊田合成では、豊田合成が長年培った材料設計の知見に

トライエッティング社のAI技術を組み合わせることで

無数の材料配合パターンなどの素早いシミュレーションを可能とする。

としている。
20191007_seminar




gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 9月 06日(金曜日) 18:42  

メール配信ニュース