Home Micron,1znmプロセスで量産開始

Micron,1znmプロセスでの量産開始

富士通は2019年7月25日、2019年度第1四半期(2019年4月〜7月)業績を発表した。LSI、電子部品で構成されるデバイスソリューション事業は、売上高が前年度同期比35.6%減の846億円、営業損益は前年度同期から84億円悪化、77億円の赤字となった。このうちLSI事業の売上高は同80.7%減の179億円となった。
半導体販売会社(富士通エレクトロニクス)、電子部品製造会社を2018年度第4四半期に連結から外すなどの事業再編を進めたことにより、大幅な売り上げ減となった。営業利益についても国内工場の再編費用増加により減益となった。
2019年度通期のデバイスソリューション事業の業績見通しは、売上高が前年度比38.4%減の3,000億円、営業利益はゼロとなっている。LSI事業については売上高400億円にまで縮小する見通しである。
   Micron Technologyは2019年8月15日、最先端の1znm

プロセスによる16GビットDDR4 DRAMの量産を開始し

たことを発表した。1znmプロセスの導入により、電力

消費の低減、動作速度の向上を図ることができる。

消費電力は前世代プロセスで製造された8Gビット容量

のDDR4DRAMと比較すると40%も低減されている。

   このためAI、自動運転や5Gなど処理速度と消費電力の

バランスが求められる分野での需要が期待されている。

Micronはまた、16Gビットの低消費電力DDR4X DRA

Mモジュールの量産を開始している。これは1znmプロ

セスで製造されたLPDDR4XをUFSベースのμMCP4に

実装している。
banner_2019_kojou
banner_2019083020191007_seminar




gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 8月 19日(月曜日) 16:33  

メール配信ニュース