Home ASML、19年上期は大幅減益

ASML、19年上期売上高は大幅減益

 
蘭ASML社は2019年7月17日、2019年度第2四半期業績を発表した。同期売上高は、システム売上高が前年度比4.8%増の18億5,080万ユーロ、サービス&フィールドオプション事業の売上高は同9.7%増の7億1,700万ユーロ、装置、サービス事業の合計売上高は同6.3%減の25億6,790万ユーロとなった。営業利益は同28.3%減の4億9,430万ユーロ、純利益は同18.5%減の4億7,600万ユーロで、大幅な減益となった。受注額はEUV装置10台分を含む28億2,800万ユーロ、受注台数は新品50台、中古装置11台、合計となった。
露光装置の光源別売上高比率、台数は以下の通りとなった。KrFが売上高比率11%、売上台数19台。i線が売上比率1%、売上台数が6台。ArFドライが売上比率2%、売上台数3台。ArF液浸が売上比率41%、売上台数13台(中古装置含む)。EUVが売上比率41%、売上台数は7台。検査・評価装置が売上高の4%を占めている。
アプリケーション別比率は、ロジック61%、メモリ39%。地域別出荷額比率は、台湾46%、韓国26%、中国12%、米国10%、欧州・中東3%、日本3%となった。
2019年度上期業績は、売上高が前年度比4.5%減の47億9,700万ユーロ、営業利益は同37.8%減の8億2,860万ユーロ、純利益は同26.0%減の8億3,140万ユーロとなった。
2019年度第3四半期については、売上高30億ユーロを予想している。システムの売上高にはEUV装置7台分の7億5,000万ユーロが含まれる。また、サービス関連売上高は7億ユーロと予想している。
   蘭ASML社は2019年7月17日、2019年度第2四半期業績を発表した。

同期売上高は、システム売上高が前年度比4.8%増の18億5,080万

ユーロ、サービス&フィールドオプション事業の売上高は同9.7%増

の7億1,700万ユーロ、装置、サービス事業の合計売上高は同6.3%減

の25億6,790万ユーロとなった。

   営業利益は同28.3%減の4億9,430万ユーロ、純利益は同18.5%減の

4億7,600万ユーロで、大幅な減益となった。受注額はEUV装置10台分

を含む28億2,800万ユーロ、受注台数は新品50台、中古装置11台、

合計となった。

   露光装置の光源別売上高比率、台数は以下の通りとなった。KrFが

売上高比率11%、売上台数19台。i線が売上比率1%、売上台数が6台。

ArFドライが売上比率2%、売上台数3台。ArF液浸が売上比率41%、

売上台数13台(中古装置含む)。EUVが売上比率41%、売上台数は

7台。検査・評価装置が売上高の4%を占めている。


   アプリケーション別比率は、ロジック61%、メモリ39%。地域別

出荷額比率は、台湾46%、韓国26%、中国12%、米国10%、欧州・

中東3%、日本3%となった。

   2019年度上期業績は、売上高が前年度比4.5%減の47億9,700万ユ

ロ、営業利益は同37.8%減の8億2,860万ユーロ、純利益は同26.0%減

の8億3,140万ユーロとなった。

   2019年度第3四半期については、売上高30億ユーロを予想している。

システムの売上高にはEUV装置7台分の7億5,000万ユーロが含まれる。

また、サービス関連売上高は7億ユーロと予想している。


banner_2019_kojou
banner_20190830
20191007_seminar

 

 


gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 7月 26日(金曜日) 12:02  

メール配信ニュース