Home 19年半導体製造装置市場は18%減

2019年半導体製造装置市場は前年比18%減

  SEMIは2019年7月10日、「SEMICON West 2019」において

世界半導体製造装置市場予測を発表した。同予測によると2019年の

世界半導体製造装置市場は前年比18.4%減の526億9,000万米ドルと

なる。しかし、2020年には同11.6%増の587億9,000万米ドルに回復

すると予測している。

2019年の2019年の装置分野別予測では、ウェーハプロセス処理装置

市場が同19.1%減の422億米ドル、その他の前工程装置(ファブ設備

装置、ウェーハ製造装置、マスク/レチクル製造装置)が同4.2%増の

26億米ドル、組立/パッケージング装置が22.6%減の31億米ドル、

テスト装置が同16.4%減の47億米ドルと予測している。

同年の地域別では、台湾が2019年に同21.1%増の123億1,000万米ドル

となり、韓国を抜いて世界最大の装置市場となると予想している。

成長率で台湾に続くのが北米の8.4%成長。中国は昨年に引き続き2年

連続で世界第2位の116億9,000万米ドルとなる。一方、韓国は設備投資

の抑制により同46.0%減となり、前年比第3位へと順位を落とすことに

なるとしている。欧州は同10.2%減の37億9,000万米ドル、日本は

同35.2%減の61億4,000万米ドルとなると予測している。

   SEMIの予測では、2020年の装置市場は中国市場が旺盛なメモリ投資新規

プロジェクトにより前年比24.0%増の145億米ドルに回復、全体でも

同11.8%増の587億9,000万米ドルと予測している。同年にマクロ経済が

改善し、貿易の緊張が緩和されれば、さらに上振れが予想される。

このため、中国が世界最大の製造装置市場となり、第2位は韓国で同27.4%

増の117億5,000万米ドルに回復する。第3位は台湾で、同6.2%減の

115億5,000万米ドルと予測している。

北米の装置販売額は同17.9%減の51億9,000万米ドル、欧州が同11.6%減の

33億5,000万米ドル、日本の装置販売額は46.4%増の89億8,000万米ドルと

なると予測している。その他地域は同7.8%増の34億7,000万米ドルと

予測している。

banner_2019_kojou

20191007_seminar


gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 7月 16日(火曜日) 09:45  

メール配信ニュース