Home Xilinx、ACAP製品出荷開始

Xilinx、ACAP製品のユーザ向け出荷開始

    米Xilinx社は2019年6月18日、2018年3月に発表した新しい製品分野である「ACAP」(Adaptive Compute Acceleration Platform)を採用した最初の製品として「Versal AI Core」シリーズ、「Versal Prime」シリーズの顧客向け出荷を開始したことを発表した。

ACAPは、CPU、FPGA、特定用途に最適化したプロセサなど多数の機能を統合した、マルチコア、ヘテロジニアス演算プラットフォームである。ハードウェアとソフトウェアの両方のレベルで変更可能のため、データセンタ、自動車、5G 無線通信、有線通信、および防衛市場などにおけるさまざまなアプリケーションやワークロードの要件に動的に適応できる。

Versal ACAP アーキテクチャは、ソフトウェア プログラマビリティを備えるようゼロから構築されており、柔軟でマルチTbpsのネットワーク オン チップ (NoC) を特長としている。 NoC は、すべてのエンジンと主要なインターフェイスをシームレスに統合しているため、ブート時からプラットフォームが利用可能になるだけでなく、ソフトウェア開発者、データ サイエンティスト、ハードウェア開発者は簡単にプログラムできる。ACAP は、数多くのツール、ソフトウェア、ライブラリ、IP、ミドルウェア、フレームワークでサポートされており、業界標準のデザイン フローで動的にカスタマイズ可能な高速演算ソリューションを実現する。

今回発表したVersalシリーズの製造は、Taiwan Semiconductor Manufacturing(TSMC)社の7nmプロセスで行われる。 Versal ACAP ポートフォリオは、ソフトウェア プログラマビリティ、特定分野向けに動的に構成可能なハードウェア アクセラレーション、および現在の急速なイノベーションへ対応するための適応性を兼ね備えた初のプラットフォームとなっている。内蔵演算用の次世代スカラ・エンジン、FPGAにかかわる適応型エンジン、AI 推論および高度な信号処理に対応するインテリジェント エンジンを組み合わせることで、CPU や GPU の実装と比較して本来の性能とワットあたりの性能を劇的に向上させている。

Versal AI Core シリーズは、ポートフォリオの中でも最高の演算性能と最小のレイテンシを達成し、 AI エンジンによって画期的な AI 推論処理能力と性能を実現するデバイス。クラウド、ネットワーク、および自律テクノロジ向けに最適化されたこのシリーズは、業界で最高の AI およびワークロードの高速化を可能にする。 Versal Primeシリーズは、複数の市場で広範なアプリケーションに対応できるように設計されており、多様なワークロードのコネクティビティおよびインライン アクセラレーション向けに最適化されている。

両シリーズは複数のデバイスで展開され、各デバイスにはデュアル コア ARM Cortex-A72 アプリケーション プロセサ、デュアル コア ARM M Cortex-R5F リアルタイム プロセサ、200 万を超えるロジック セルの適応型ハードウェア、高精度の浮動小数点演算と低レイテンシを実現するよう最適化された 3,000以上のDSPエンジンが含まれる。Versal AI Coreデバイスは、AI推論および高度な信号処理ワークロードに最適化された最大 400の AI エンジンを搭載する。

20190711seminar20190311 china

 

 


gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 6月 21日(金曜日) 16:30  

メール配信ニュース