Home 半導体工場投資、20年に20%成長

半導体工場向けの製造投資額、2020年に20%成長


SEMIは2019年6月11日、半導体産業の前工程Fab装置への設備投資額は、2019年に484億米ドルで、前年比19%減となる。その後、2020年は同20%増の584億米ドルへ反発するという予測を発表した。同予測は、SEMIが発行した2019年第2四半期版の最新のWorld Fab Forecastレポートに基づくものです。
2020年の投資増は、2019年第1四半期版のレポートに基づく27%増から下方修正された。また2019年の投資額19%減も同じ第1四半期版の14%減から下方修正されている。2020年は旺盛な成長をしますが、前工程Fab装置への投資額は、過去最高となった2018年の20億米ドルには達しない見込みとなっている。
メモリ分野の投資額は2019年に45%減少し、2019年の減少の大きな部分を占める見込み。しかし2020年には45%と力強い回復をして280億米ドルに達すると予想している。Fab全体の投資額回復をけん引するが、2017年、2018年の投資水準を上回ることはないと予測されている。
2019年にメモリの投資額減少と対照的な動きをする分野が2つある。ファウンドリ分野は29%増、、またマイクロは10nmのMPU生産に向けて40%以上の増加が見込まれている。ただ、マイクロの投資額全体は、ファウンドリやメモリの投資と比較して小さくなっている。
    SEMIは2019年6月11日、半導体産業の前工程Fab装置への設備投資額は、2019年に484億米ドルで、前年比19%減となるの予測を公表した。その後、2020年は同20%増の584億米ドルへ反発すると予測している。これらの予測は、SEMIが発行した2019年第2四半期版の最新のWorld Fab Forecastレポートに基づくものである。

    2019年の投資額19%減も同じ第1四半期版の14%減から下方修正されている。2020年の投資増は、2019年第1四半期版のレポートに基づく前年比27%増から下方修正されている。また2020年は旺盛な成長をするが、前工程Fab装置への投資額は、過去最高となった2018年の20億米ドルには達しない見込みとなっている。

   メモリ分野の投資額は2019年に45%減少し、2019年の減少の大きな部分を占める見込み。しかし2020年には45%と力強い回復をして280億米ドルに達すると予想している。Fab全体の投資額回復をけん引するが、2017年、2018年の投資水準を上回ることはないと予測されている。
2019年にメモリの投資額減少と対照的な動きをする分野が2つある。ファウンドリ分野は29%増、、またマイクロは10nmのMPU生産に向けて40%以上の増加が見込まれている。ただ、マイクロの投資額全体は、ファウンドリやメモリの投資と比較して小さくなっている。

 

 

20190711seminar20190311 china

 

 


gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 6月 21日(金曜日) 16:27  

メール配信ニュース