Home ルネサスと上海VWが共同研究所

ルネサスと上海フォルクスワーゲンが上海に共同研究所を設立

●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。

 

ルネサス エレクトロニクスと上海フォルクスワーゲンは2019年6月10日、オートモーティブ・エレクトロニクス共同研究所を設立したことを発表した。中国・上海市の安亭に4月15日に設立していた。この共同研究所は、中国の自動車市場に向けた次世代のデジタルコクピットや車載制御システムをはじめとする最新の車載用アプリケーションの研究開発を加速するものである。
ルネサスの得意とする高性能マイコン、SoCおよびソフトウェアの知見と、上海フォルクスワーゲンの研究開発力を結集する。そして、上海フォルクスワーゲンの次世代車載電子プラットフォーム開発に向けて、ソフトウェアモジュール開発やシステム統合の実現を支援し、中国の自動車市場の要求に応えていく。
上海フォルクスワーゲンのExecutive Directorである呉 慶文氏(ウ・チンウェン)は次のように述べています。「共同研究所の新設により、ルネサスと一層、連携を強化できると期待しています。ボディ制御などの分野に加え、デジタルコックピットやスマートコネクティビティなどの新しい分野での緊密なコラボレーションを通して、私たちは市場をリードするポジションを獲得できるよう、ハードウェアとソフトウェアのプラットフォーム開発を目指します。」
20190617seminar20190311 china

 

 


gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 6月 10日(月曜日) 14:15  

メール配信ニュース