Home Intel,10nmプロセスの新MPU

Intel、10nmプロセスによる第10世代Coreプロセサを発表

●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。

   Intelは2019年5月28日、台湾・台北で開催中のComputex 2019において、第10世代のCoreプロセサ(開発コードネーム:Ice Lake)を発表した。製造は10nmプロセスで行われる。
新コア・アーキテクチャ「Sunny Cove」を採用している。また、ノートPC上での高性能なAI機能の使用を念頭に設計されており、低遅延ワークロードにおいては、DL BoostとなるThunderbolt 3のコントローラを内蔵する。
Sunny CoveコアのCPUは、データキャッシュメモリをこれまでの32KBから48KBに増加、L2キャッシュも256KBから512KBに増加されている。さらにL2 TLB、μOpsキャッシュなども増やされている。分岐予測精度の向上、実行ポートの増加などと合わせて、CPUの命令実行効率を示すIPCを高めている。
グラフィックに関しては、新しいGen11(第11世代)グラフィックス・アーキテクチャに基づくIris Plusグラフィックスを採用、ビジュアル体験の性能がほぼ2倍に向上している。

また、今年後半に登場するノートPCで実装されるターゲット仕様1.0を含む、Project Athena(コードネーム)というイノベーション・プログラムの詳細について説明した。Project Athenaは、ノートPCに対するニーズや課題、期待を理解するため研究に基づいたプログラムで、「主要体験指標(KEI)」によって測定可能な現実の状況を反映したPC体験の実現に重点を置いている。

20190311 china

20190617seminar


gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 6月 03日(月曜日) 10:04  

メール配信ニュース