Home 2019年装置メーカ10Bestが公表

VLSI Research、2019年装置メーカ10Bestを公表

●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。

    VLSI Rearch社が半導体製造装置サプライヤの顧客満足度調査に基づくランキングの上位10社(10Best)を発表した。(表参照)
同ランキングは、世界中の半導体製造装置ユーザー(半導体工場エンジニアなど)に、技術的リーダシップ、、パートナーシップ、信頼性などの「サプライヤの実力」、アフターサービス、エンジニアリングサポート、「顧客サービス」、生産性、プロセス品質、稼働率などの「装置性能(ソフトウェア含む)」などの質問を行い、10点満点で評価したもの。採点結果を、9点以上に最高評価の星5つ、8点以上に星4つ、7点以上に星3つといった形で分類している。今回は、総合点で7点以上を獲得した大手装置メーカー(Laisorge10社と専門企業("Fouesd" 売り上げ規模が比較的小さな中小企業)6社のランキング順位を公表している。

5つ星獲得企業は、Largeで米Teradyne、アドバンテスト、ASM、FocusedではPlsma Therm、AMEC。獲得ポイントでは、Teradyneが9.44でトップとなった。大手メーカも上位企業では、技術的リーダーシップ、パートナーシップなどが高い評価を受けている。ウェーハ工程用Fab向け装置については、トップがPlasma-Therm、10位がApplied Materials(AMAT)となった。

大手半導体メーカー(Foundation Chip Makers)向けの評価の上位6社と評価ポイント(( )内)は以下の通り。1位ASML、2位Kokusai Electric(8.79)、3位Lam Research(8.79)、4位AMAT(8.18)、5位東京エレクトロン(7.98)、6位ニコン(7.28)。ASML以外は、全体評価を上回る結果となっている。

20190603VLSI

20190311 china

20190617seminar


gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 6月 03日(月曜日) 10:38  

メール配信ニュース