Home パナ、半導体事業の一部をロームへ

パナソニック、ディスクリート半導体事業の一部をローム譲渡

●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。
パナソニックとロームは2019年4月23日、パナソニックの半導体事業会社であるパナソニック セミコンダクターソリューションズ株式会社(PSCS)のディスクリート半導体事業の内、ダイオードよび小信号トランジスタ事業を、ロームに譲渡することで最終合意に達したことを発表した。
両社の最終合意事項の要旨は以下の通り。
(1)PSCSは、ロームに対し、以下のダイオードおよび小信号トランジスタ事業を譲渡する。
・ダイオード:ショットキーバリア、TVS、ツェナー、スイッチング、ファストリカバリ
・小信号トランジスタ:バイポーラ、抵抗内蔵型、接合型電界効果
(2)PSCSは、ロームが当該事業の生産体制構築までの一定期間、ロームより当該製品の生産を受託する。
なお、本件譲渡は、関係当局の必要な承認の取得を条件として、2019年10月末の完了を予定している。
パナソニックでは、現在、PSCSの半導体事業の中核を、イメージセンサなどの「空間認識」技術とバッテリ分野と位置付けており、これらの分野にリソースを集中することで事業成長を目指している。そのため、ダイオード、小信号トランジスタ事業については、業界大手のロームへ譲渡することで、顧客への供給責任を果たすことができるものと判断し、今回の譲渡契約に合意した。
一方、ロームは、半導体素子事業をグループの中核事業と位置づけ、1960年代から継続した開発・生産・販売活動を行い、現在では小信号トランジスタやダイオード市場で世界トップクラスのシェアを確保しています。現在も、積極的にあらゆる経営リソースを投入し、製品ラインアップの強化、さらなる品質向上、安定供給体制の強化を図っており、今回、パナソニックより本事業を引き継ぐことで、さらなる市場シェアの拡大を目指していく。
20190513_seminar
20190311 china

gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 5月 07日(火曜日) 10:21  

メール配信ニュース