Home ams,Wise Road CapitalがJV設立

ams、 Wise Road Capitalがセンサ市場開拓にJV設立

●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。
・オーストリアams社と半導体などハイテク関連の投資ファンド Wise Road Capital社は2019年3月18日、温度・湿度などの環境センサ、流量センサ、圧力センサの開発、製造を行う合弁会社(JV)を設立することで合意に達したことを発表した。

・この合意に基づき、amsの従業員、IP、センサ製品/ソリューションおよび顧客を新会社に移管する。Wise Road CapitalはJVの設立、運営、さらに関連市場に関する深い知識と経験があり、特に中国市場に強い専門家を新会社に供給する。

・新会社の本社はオランダに置かれ、2019年秋の設立を計画している。社長にはamsの環境センサ事業のジェネラル・マネージャーである Stefan Raible氏が就任する予定。
20190311seminar0327
20190311 china

gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 3月 26日(火曜日) 09:52