Home ルネサス,18年度業績は減収減益

ルネサス エレクトロニクス、18年度業績は減収減益

●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。
ルネサス エレクトロニクスは2019年2月8日、2018年度第4四半期と通期業績を発表した。2018年度12月期の通期業績は、売上高が前年度比2.9%減の7,573億6,000万円、営業利益は同14.8%減の667億8,400万円、純利益は同29.3%減の545億9,500万円となった。

・自動車向け事業の業績は、売上高が前年度比3.4%減の3,985億円となった。設備投資額は176億円となった。
自動車向け事業には、自動車のエンジンや車体などを制御する半導体を提供する「車載制御」とカーナビゲーションなどの車載情報機器向け半導体を提供する「車載情報」が含まれているが、同年度は両事業の売上高が共に減少した。
産業向け事業は同4.7%減の1,872億円となった。「スマートファクトリー」、「スマートホーム」および「スマートインフラ」のいずれについても売上が減少した。ことによるものです。

・分野を問わない幅広い用途を対象としているブロードベースド向け事業では、「汎用マイクロコントローラ」および「汎用アナログ半導体」を中心に提供している。同事業の2018年度売上高は同0.6%増の1,513億円となった。「汎用マイクロコントローラ」の売上が減少したものの、「汎用アナログ半導体」の売上が増加したことにより、微増を維持した。主に受託生産やロイヤルティ収入が含まれているその他半導体売上高は34億円となった。
・2018年度第4四半期業績は、売上高が1,877億円で、前年度同期比10.7%減、前期比4.2%増、半導体売上高は1,838億円で、前年度同期比11.0%減、前期比4.7%増となった。営業利益は212億円で、前年度比129億円減、前期比30億円減となった。
・2019年度第1四半期(2019年1月〜3月)については、売上高が1,495億〜1,575億円、半導体売上高は1,460億〜1,540億円、営業利益は4.5%予想している。
20190212_china
 banner_20190219seminar

gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 2月 18日(月曜日) 13:20  

メール配信ニュース