Home SEAJ、2019年賀詞交歓会

SEAJ、2019年賀詞交歓会

●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。
2019年1月10日、東京都内でSEAJの賀詞交歓会が行われた。半導体製造装置市場については、”2019年は前年比微減(0.5%減)も2020年は同7%増”とのSEAJ予測(会員アンケート)が示された。2019年は前年割れとの見通しながら、参加人数も多く、全体的に活気が感じられた。市場に対して、不透明感はあるものの、不安につながる、というレベルではないようだ。

・東京エレクトロンの河合社長は、半導体製造装置市場は、現在、成長率は鈍化しているが堅調に動いている。2017、2018年と高成長が続いたことから、現在の動きは次の成長にむけて力を蓄える、ちょうどいい機会ととらえている。現在は、メモリが調整局面に入っており、欧州、米中間などの不透明な点はあるが、2020年の(SEAJ予測が示すように)成長に向けて、2019年後半からは再び成長に向けて動き出すと見込んでいる。2020年以降の成長をけん引するのは、自動車に加えて、ビッグデータ、AI、5Gなど。とくにビッグデータをAIが処理するという構造が進めば、半導体需要は大幅に拡大、製造装置の重要もさらに拡大することを期待している。

・荏原製作所の辻村専務は2017年、2018年が成長しすぎたともいえるため、2019年市場の横ばい、微減という見通しは心配することはないと見ている。その他の大手製造装置メーカーは2019年の製造装置市場について意見を交わした。

seminar0121_bannar
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2019年 1月 11日(金曜日) 16:28