Home SUMCO、大チタとのPoly-Si契約

SUMCO、大チタとのPoly-Si長期購入契約を終了

●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。
SUMCOは2018年11月28日、大阪チタニウムテクノロジーズ(OTC)との多結晶シリコン(Poly-Si)の長期購入契約を2019年3月31日に早期終了することを発表した。SUMCOはOTCとに解約金100億円を支払う。この解約金については、2018年12月期決算において特別損失に計上する。

・両社はPoly-Siの高品質化に向けて検討を行ってきた。しかし、OTCの製造プロセスは他社と異なっており、品質を高めるためにはOTCにおいて相当規模の設備投資が必要となり、コストアップが避けられないことから、SUMCOでは現行の長期契約の下での対応は困難と判断した。また、SUMCOのPoly-Si在庫は2016年末をピークに減少しているが、依然として高い水準にあり、適正水準に戻るには時間がかかるとみている。長期契約を早期に終了することで、在庫の適正化を早め、キャッシュフローの大幅な改善を図るとともに、今後より品質の高いPoly−Siを調達する余力と自由度の獲得を目指す。

20181206_banner
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2018年 11月 30日(金曜日) 16:01