Home 中SICC社、湖南省長沙でSiC生産へ

中SICC社、湖南省長沙市で半導体SiC生産へ

●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。
中SICC社(山東天岳晶体材料)は2018年11月13日、SiC材料及び関連製品の新生産ラインを湖南省長沙市で着工した。中国において最大規模の第3世代半導体材料の生産ラインになる。総投資額は30億元(約49億円)で、2期に分けて建設される。第1期は主にSiC基板を生産する。第2期は主にパワーデバイス・パッケージング、モジュール及び製造装置、新エネルギー車及び充電ステーション、軌道交通などの交通インフラ向けインバータ、太陽光発電用インバータ(PV インバータ)などの機能デバイスを生産する計画である。

・中SICCは2010年に設立され、主にSiC基板を生産しており、同社の製品はパワートランスミッション、航空宇宙、新エネルギー車、LED、5G通信等幅広い分野に応用されている。同社のSiC単結晶成長及び加工技術は山東大学結晶体材料国家重点実験室の技術譲渡による。
20181105_banner
20181206_banner
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2018年 11月 26日(月曜日) 09:50