Home Samsung、折り畳みOLED Display

Samsung、折り曲げディスプレイ搭載スマートフォンのプロトタイプを発表

●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。
韓国Samung Electronicsは2018年7月11日、アメリカ・サンフランシスコ(カリフォルニア州)で開催した「Samsung Developer Conference 2018(SDC18)」において、折り畳み可能なOLEDディスプレイ「Infinity Flex Display」を搭載したスマートフォンのプロトタイプを公開した。

・同プロトタイプは折り曲げた状態は通常のスマートフォンだが、開くと内側に折りたたまれていたディスプレイが広がり7.4インチの大画面となり、タブレットモードでも使用できるようになる。また、同プロトタイプで採用している“折りたたみ式フォームファクタ”は、Android OSで正式サポートされる予定である。

・Samsungは、「Infinity Flex Display」はすでに技術的に実用段階にあるとしており、数ヶ月以内に量産が開始される見込みである。
20181119
20181105_banner
20181206_banner
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2018年 11月 16日(金曜日) 15:31