Home 中CanSemi社、12㌅IC生産工場

中CanSemi社、12インチIC生産工場で頂部を封止

●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。
・中CanSemi社(粤芯半導体)は2018年10月11日、広州市で建設中の12インチウェーハ対応IC生産工場(以下、12インチ工場)の頂部が封じたことを発表した。同工場は広州市初の12インチ工場として、総投資額は約70億元を計画している。2017年12月に着工され、2019年半ば頃に正式稼働する予定である。

・計画生産能力は12インチウェーハで月産4万枚。主にマイクロプロセサ、パワーマネジメントICチップ、パワーディスクリートデバイス等を生産し、IoT、自動車エレクトロニクス、AI、5G等新興アプリケーション用アナログICの需要に応じていく。
20181022_banner
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2018年 10月 22日(月曜日) 09:43