Home ルネサス、高知工場を丸三へ譲渡

ルネサス エレ、高知工場を丸三産業へ譲渡

●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。
ルネサス エレクトロニクスは2018年9月28日、100%出資子会社であるルネサス セミコンダクタマニュファクチュアリングの高知工場を、丸三産業株式会社(所在地:愛媛県大洲市)へ譲渡することを発表した。ルネサスから丸三産業への高知工場の譲渡は、2018年10月中に完了する予定。

・ルネサスは高知工場について、生産負荷の減少により将来にわたる収益性の維持が困難になったため、2015年12月に2年から3年をめどに閉鎖することを発表、その後、2018年5月31日付で閉鎖している。

・丸三産業は愛媛県大洲市に本社を置く、コットン、オーガニックコットンを原材料とした衛生資材、衛生製品の開発・製造・販売を行う企業。同社では主力事業である晒綿やコットン不織布・及び関連加工製品の取引が拡大しており、かねて生産設備の増強を計画していた。今回、高知県からの紹介を受け、対象工場の土地・建物及び関連付属設備を取得することを決めた。

・ 丸三では10月末に工場取得後に着工、2019年度内には新しい製造ラインを稼働させる計画だ。


gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2018年 10月 09日(火曜日) 09:43