Home 中XMC社、第2期の生産に着工

中XMC社、第2期の生産に着工

●東芝は12月13日、同社のメモリ事業売却に関して係争中となっていた米Western Digital社(以下WD)との和解を発表した。両社は今後、フラッシュメモリ事業に関する協業を一層強化する。
●同合意により東芝メモリとWDは、現在建設中の四日市工場第6製造棟への今後の設備投資を共同で実施すると発表した。東芝が本年10月に公表している投資が含まれる。また両社は、東芝が岩手で建設を計画する新製造棟へのWDの参画に関する最終契約についても、今後協議を進める。
●両社は、フラッシュメモリ事業に関する合弁会社の契約期間を延長する。フラッシュアライアンス社については2029年12月31日まで、フラッシュフォワード社については2027年12月31日まで契約を延長する。フラッシュパートナーズ社については、既に2029年12月31日まで契約が延長されている。
●今回の和解により、東芝メモリの売却に関して全当事者が協調することとなった。東芝は2018年3月末までの売却完了に向けて、引き続き手続きを進める。
・2018年8月28日、中XMC社(武漢新芯)は第2期工場建設に着工した。新工場では、主にNOR Flashメモリ、マイクロプロセサ、3Dという三つの種類の製品を生産し、中国IoT IC分野におけるトップ企業になることを目指している。

・中XMC社(武漢新芯)は2006年に設立され、湖北省、武漢市及び武漢市東湖高新区の共同投資により、12インチIC生産ラインを建設した。第1期工場は投資額が107億元で、2008年より稼働している。2016年には、中Tsinghua Unigroup社(紫光集団)、国家集成電路産業投資基金(ビッグファンド)、湖北省集成電路産業投資基金、湖北省科技投資集団の共同出資により設立された、中Yangtze Memory Technologies Co., Ltd. (YMTC)社(長江存儲科技有限公司)の傘下に入り、同社の完全子会社になっている。そして、2017年には赤字から黒字に変わった。

・現在同社はNOR Flashが月産1.2万枚、裏面照射型CMOSイメージセンサが月産1.5万枚の生産能力を有している2017年末まで、NOR Flash用シリコンウェハ出荷量が75万枚となった。同社のNOR Flash製品の需要はコンシューマエレクトロニクスから工業、自動車まで全てのNOR Flash市場に渉っている。
20180806_banner
20180914_seminer
   
gncletter_banner
  
  
  
最終更新 2018年 9月 03日(月曜日) 10:12